MENU
faq_02

よくあるご質問

患者様よりよく寄せられるご質問をまとめておりますので、当院にご質問などございましたら、まずは下記をご確認下さい。
下記以外の疑問点などございましたら、メールフォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
※ご質問をクリックすると、回答内容が開閉します。

  • A1>「体質改善」という言葉は非常に魅力的に聞こえますが、コラーゲンを摂取しても体内のコラーゲンが増えるわけではありません。食べたものは、消化・吸収されエネルギーとして蓄えられます。サプリメントは手軽に摂取されていますが、何の効果もありません。漢方薬も何の効果もありません。

  • A2>皮膚科医は安全性が高い治療薬としてステロイド外用剤をおすすめします。ステロイドは1952年に開発されて以来、60年に及ぶ実績と、蓄積されたノウハウがあります。ステロイドを適切に使うことが、最も信頼できる治療法です。

  • A3>「植物性」というと体に優しいイメージがありますが、植物にはかぶれる成分も含まれています。私は、皮膚が敏感な人には植物性の製品をすすめないようにしています。最近の市販の化粧品は品質管理も行き届いていますので安心して使えます。

  • A4>シワの原因は紫外線がほとんどなので、日焼け止めクリームや日焼け止め効果のある化粧品を塗ったり、帽子や日傘を利用することは有効です。また、保湿機能のある化粧品にはシワを目立たなくする効果があることを2010年に厚生労働省が認めました。50年ぶりに国が化粧品の新しい効能を認めたことになります。たるみは、皮膚だけの問題ではなく、筋膜まで含めた老化現象なので、防ぐのは難しいです。

  • A5>洗顔料を使うときはよく泡立てて泡をつぶさず、転がすようにして下さい。すすぎの目安は10~15回です。洗顔後、顔が赤くなっていたら、洗いすぎ・すすぎ過ぎです。なるべく肌に刺激を与えないように優しく触れて下さい。また、季節や肌の状態に合わせ、洗顔の回数や方法を調節することが大事です。

  • A6>スキンケアへの関心は老若男女を問わず年々増加しています。気になることがあれば、日本皮膚科学会認定専門医を訪ねて下さい。自己流のケアで肌を悪くする前に、是非専門医に意見を聞いて下さい。

©2019 青木皮膚科 なびこ